【必見】ブロッコリーの防虫ネット、最強の張り方

僕は家庭菜園でブロッコリーを栽培しています。

この記事では、ブロッコリーの防虫ネットの大切さと、最強の防虫ネットの張り方を述べます。

おそらく、この記事を読んでいる人は、

ブロッコリーの害虫対策であったり、

ブロッコリーの食害であったり、

ブロッコリーの防虫ネットの張り方についての

情報を求めているでしょう。

僕も過去には、ブロッコリーが害虫や鳥に全て食べられたことがありました。

葉っぱも食べられて、丸坊主にされたことがありました。

いろいろと対策を考えたましたが、現時点で1番良いと考える方法を述べます。

それから、僕は基本的に無農薬栽培です。

以下に述べる防虫ネットの張り方は、ブロッコリーを無農薬栽培する上で、効率的で基本的な張り方です。

防虫ネットを張る大切さ

無農薬栽培の場合は、ブロッコリーには必ず防虫ネットを張ります。

それは、蝶や蛾からブロッコリーを守るためです。

蝶や蛾がブロッコリーに卵を産み付けると、その幼虫がブロッコリーを食害します。

幼虫は、アオムシが代表例です。

ブロッコリーには、絶対に蝶や蛾を止まらせてはいけません。

防虫ネット内に侵入させないようにします。

それから、鳥もブロッコリーを食べます。

防虫ネットは鳥からも守る効果があります。

なので、ブロッコリーの周り全てを防虫ネットを掛けると良いでしょう。

しかし、トンネル式では栽培初期しか害虫対策ができません。

ブロッコリーが大きくなるにつれ、背丈が高くなってしまうので、以下で説明する支柱式の防虫ネットを張るようにします。

最強の張り方

この写真を見てもらえれば、すぐわかります。

このように、支柱を立てて、ブロッコリーの背丈が高くなっても良いように、防虫ネットを張ります。

防虫ネットと支柱は、細い結束バンドをネットの網目に通して、支柱と縛ると良いでしょう。

防虫ネットは2枚使い、ブロッコリーが収穫しやすいように工夫します。

ネットとネットの繋ぎ目は、丸めて、洗濯バサミ等で止めておくと良いでしょう。

この張り方なら、収穫が終わり、最後までネットを掛けたままで、栽培できます。

防虫ネットをかけたまま、ブロッコリーの一生を過ごします。