本当の自分の人生を生きる

本当の自分の人生を生きることってイキイキしていて、輝いていて、とても素晴らしいことです。

人生は1度きり。

本当の自分の人生を生きたいものです。

この記事を読めば、本当の自分の人生を生きることにきっと役立つことでしょう。

免責事項

この記事は個人の価値観に基づいて執筆されており、正しい情報を記載することを心がけておりますが、間違った情報が含まれる可能性があることもご了承下さい。

個人の価値観に基づいて執筆されているため、ご参考程度としてください。

結論

本当の自分の人生を生きるとは、自分の心に素直に従うと言うことです。

心の通りに生きる

人生をイキイキ、ワクワク過ごすには、心の通りに生きることが大切です。

心の通りに生きている人は、本当にイキイキしています。

人間関係や職場、家族、友達に対して、ありのままの心で接し、ありのままを表現し、素直な自分でいる。

それが本当に生きるという事です。

決して、自分を取り繕ったりせず、かっこ悪くてもいい、嫌われてもいい、そういう勇気を持って、自分の心の通りに生きれる。

それが本当の自分であって、本当の自分の人生である。

心の通りに生きる事は勇気の要ること

心の通りに生きる事は、勇気が要ることです。

心を素直に表現するとき、怖くて恐怖感すらあるかもしれません。

心を表に出すことや、他人からの目線、関係が悪化したらどうしよう、嫌われたらどうしようとか。

そういったことを考え出すと、怖くて心が表に出せないかもしれない。

僕自身も心の通りに生きることを決めて間もない頃、自分の心を表現することに、恐怖感すらあったことを覚えています。

勇気を持って、心の通りに生き出すと、自分の人生の歯車が回り始めます。

心の通りに生きているやん

人によっては、心の通りに生きてるやんって人もいます。

多分、大多数の人が心の通りに生きている。

心の通りにしないというのは、感じた事を自分の心に留めて、別の表現をする。

それは表面的な自分に過ぎません。

心の通りに生きるとは、感じた事をありのままで表現し、素直な自分でいる。

純粋な人ほど心の通りに生きているのかもしれません。

したいようにする。やりたいようにする。それだけのことです。

心の通りに生きると、心がイキイキします。

感情を素直に表現し、人生を楽しむことができます。

ストレスを感じにくくなり、心が豊かになっていきます。

心の通りとは

心の通りというのは、自分の心に従う。

生まれ持った自分の心を受け入れる。

こういうことになります。

心というのは、個人個人持っている心がもちろん違っていて、それが個性なわけであります。

生まれ持った心というものは誰しもがあって、それが、多数派や少数派であったりします。

少数派の心を持って生まれた人は、自分の心を受け入れるのに、抵抗があるかもしれません。

しかし、自分の心を受け入れずに、ないがしろにしていては、自分に嘘をついている。

そういう生き方になってくるので、本当の自分の人生を生きれているとは、言い難いです。

つまり、自分に嘘をつきながら生きていくのは、嫌なので、心に従って、心を素直に表現して、人生を生きる。そういう生き方をした方が幸福度は高くなるでしょう。

本当の自分の人生を生きましょう。

多数派の心を持って生まれた人は、自然と心を受け入れているでしょう。

多くの人と共通する部分があり、共感ができ、協調していくことができる。

人はみな、心が違い、感じることが違う。

その違いを、尊重し、思い合える優しさがあるから、仲良くなれるのではないでしょうか。

生まれ持った心を受け入れるか、受け入れられないか。

生まれ持った心を受け入れて、従って、生きていくところに、本当の自分らしさがあり、本当の自分の人生になる。

心と自分

心は自分を形成します。

心には逆らえません。

自分を動かす、すべての源は、心であって、受け入れるのも受け入れないのも、それはご自分ですが、受け入れて生きた方が、自分らしく生きれて、幸せな人生になるかと存じます。

なんでこんな心なんだ。と落ち込んだり、くよくよする前に、心と素直に向き合って、受け入れて、自分らしく生きる。

自分の心を健康に育む。

自分にとって何が心の健康かを考えたとき、心の望むことをしていくことがいいでしょう。

感じたことをありのまま、素直に表現できることが、心にとっては健康でしょう。

心が窮屈(きゅうくつ)な思いをしたり、他者の目線を気にして、素直に表現できないのは、ストレスを感じます。

心の向かう方へ、のびのびとイキイキと過ごしていける方が、心にとっては健康でしょう。

幸せな人生を送ろう

人生は、1度きりです。

自分に嘘をついて生きた人生。

自分に正直に生きた人生。

いろんな人生がありますが、幸せな人生を考える上で、自分らしく生きる生き方は、非常に重要なのではないでしょうか。

人生は、巻き戻しできないし、早送りすることもできない。

1日1日が大切で、今日が一番若い、自分らしくイキイキと生きる。

1日1日が非常に楽しくて、充実感溢れてる。

人生は、1日1日の連続です。

1日を充実して過ごすこと。これに尽きます。

社会人なら仕事に没頭、学生なら学業に没頭。

常に学ぶ意欲を持ち、遊ぶときは、思いっきり遊ぶ。

したいことをしたいようにする。

これができてくると人生は本当に楽しくなります。

理解して、上手になろうとする心。

これがあると仕事や勉強、遊びは非常に楽しくなります。

人生を楽しく過ごす上で、そういった心はぜひ持っておきたいものです。

道徳心と個性

自分らしく生きることと、道徳心を捨てる事はまったくの別物です。

自分らしく生きたいからって、何でも好き勝手やっていいわけではなく、やはり、違う人間同士が生きる社会の中で、他者への配慮や思いやり、違う人間同士が心地よく居られるためのマナーや礼儀。

そういった事は、自分らしく生きる上でも、わきまえておかなければならないことです。

つまり、人間としての基本的なあり方を踏まえながら、自分らしさを表現していくことが個性なのではないでしょうか。

自分らしくとは

自分らしくあるとはどういったことでしょうか。

それは、生まれ持った心を素直に表現していく、そこに、本当の自分らしさがあるかと存じます。

心の目で物事を見、心の声で会話する。

そして心を触れ合いながら、コミュニケーションをし、親睦(しんぼく)を深めたりする。

心がどう動くか、常にそれに従って、自分を表現していく。

このようなことが、自分らしく生きる上で大切な心の在り方のではないでしょうか。

自分らしく生きていれば、人にどう思われようと、嫌われようと、いいじゃないですか。

好かれるには好かれるし、嫌われる人には嫌われる。

みんなから好かれるのは無理だし、嫌われることも気にしなくていい。

自分らしくありのままを表現して、自分の回りに居てくれる人は、自分にとって大切な人です。

自分らしく生きて、本当の自分の人生を生きましょう。

いかがだったでしょうか?

あなたにとって、ご参考となる部分がありましたでしょうか?

もしご参考となる部分があれば、大変うれしく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。