食事の本質

この記事、 「食事の本質」にご興味を持っていただきありがとうございます。

この記事を読むと、食事の重要性に対しての理解が深まります。

はじめに

この記事は、個人の価値観に基づいて執筆されており、科学的根拠等は確認していないことをあらかじめご了承をください。

食事って、毎日しています。

生きるためにしていることです。

食べたものが体を作ります。

なので、食事っていうのは、非常に重要です。

結論

食事の本質は、栄養を取る。

これに尽きます。

食事=栄養と考えても良いのではないでしょうか。

ご存知の方は、そんな当たり前のこと。

って思われるかもしれませんが、栄養を摂ることが、どれだけ重要か考えてみましょう。

栄養をとる

僕は栄養士ではなく、専門的な栄養の深い知識を持っているわけではありませんが、本質的な栄養を摂るということについて、申し上げます。

栄養って、体に作用する数多くの成分がありますよね。

例えば、ビタミンとかミネラルとか。

栄養のことに詳しい方なら、既にご存知かと思われますが、食事から摂り入れたビタミンやミネラルが、体にとってどのように作用していくか。

そのあたりのことを調べて、勉強することによって、栄養の本質が見えてきます。

摂り入れた栄養を感じる感性

食事から摂り入れる栄養は、ごく微量なので、体に作用する効果がすごく自然的で微妙な変化です。

そんな微妙な変化に気づけるか、栄養が足りている時と足りてないときの微妙な差が比較できるか、そういったことが重要になってきます。

僕も全ての栄養を感じ取れる感性は、まだ備わっておりませんが…。

例えば、ブドウ糖は脳の働きに関係しています。

それは、広く認識されている事です。

脳のパフォーマンスが落ちてきたからといって、意識的にブドウ糖の補給を実施されている人もいるでしょう。

体調管理という意味合いで、栄養を摂ることも非常に大切です。

栄養は、体の調子に作用します。例えば、集中力、注意力、思考力、判断力、発想力、免疫力などです。

ビタミンAやビタミンCをよく摂った方が、体に作用して、風邪がひきにくくなったりとかです。

食べる目的

つまりは、冒頭にも申し上げたように、食事をする意味は、栄養を摂ると言うことが本質です。

なので、食料というものは、むやみやたらに食べるものではなく、きちっと栄養を摂取するという目的で食べた方が良いです。

例えば、チョコレートを食べるというのも、チョコレートが好きなのは、もちろんそれでいいことだと思いますが、チョコレートが大好きだからと言って、1日にチョコレートをたくさん食べるのはちょっと違います。

チョコレートには、砂糖も含まれていますから、必要以上に砂糖を摂りすぎない。

つまり、 食べ過ぎない。

これが大切です。

砂糖の摂りすぎは体にとって良くないです。

砂糖の摂りすぎは、脂肪となり、肥満の原因になります。

なので、自分が必要としている砂糖の量を知ることが、砂糖を摂るという意味で大切です。

体が砂糖を求める時、求めない時、その状態をわかって、砂糖が必要な時は砂糖を摂る、必要でないなら摂らない。それが結果的に、チョコレートを食べる量をコントロールする。そういうことにつながります。

なので、先ほどにも申し上げたように、食品というものは、むやみやたらに食べるものではなく、きちっと栄養を摂るという目的で食べることが良いでしょう。

どういった食品か理解する

そうすると、その食品がどういった食品なのか本質が分かります。

例えば、清涼飲料水。

コンビニとかでよく売ってるジュースですね。

ジュースには、たくさんの砂糖が入っていて、健康的によろしくないというイメージもあるかもしれませんが、僕のジュースに対する捉え方ってちょっと違います。

例えば、1日仕事をしたり遊んだりして、頭が疲れたときに、帰り道で車を運転する。

そんな時は、ジュースの力を借ります。

ジュースには、砂糖が含まれている。

つまり、砂糖の効果は、リラックスや疲労感の軽減、僕は砂糖にそういった効果を感じます。

つまり、疲れた体をリラックスさせて、安全に運転できるために、ジュースの力を借りたりします。

僕にとって、ジュースを飲むというのは、そういう意味があって、ただ飲みたいからとか、おいしいからとは、また別で、ちゃんと意味があって飲んでいます。

ジュースはそういう食品ですよね。

他には、魚。

魚っていろんな魚を食べると思うんですけど、味とか食感とかって重要です。

魚を食べる事で、体にどういった作用が起きるのか、それを考えながら魚を食べると、今まで以上に魚のことが好きになったりします。

つまり、魚の油には、脳や体にとっても良い作用をする成分が含まれていて、それを摂ることによって脳の働きを高めたり、体の働きを高めたりします。

魚の油は、脳や神経機能の発達、心筋梗塞やがんの予防に良いとされています。

脳の働きを高める事は、記憶が良くなったり、脳が活性化して思考力が上がったり、ひらめきが生まれたり、感情が豊かになったり、普段気づかないことに気付ける精神的余裕が生まれたり、病気や生活習慣病を予防したり。

そんな感じで、どういった食品を食べるかは、体を作るだけでなく、精神的にも作用し、それが人間関係や人生の豊かさにも影響を及ぼすと僕は考えています。

つまりは、何度も述べているように、食事から摂る栄養は、ものすごく大事です。

コミュニケーションと食事

確かに食事が、人類の発展の中で、紀元前や原始時代から絶えず繰り返されている行為そのものであって、食事は、誰かと食べる事による楽しさもあります

重要な会合や、友達との食事、家族や恋人との食事。

食事の時間は、コミュニケーションの時間でもあります。

友達と何して遊ぶ?ってなったときに、特に遊ぶ目的がないとなっても、単純に一緒に食事をする。

これだけでも、友達と会う意味は、非常に大きな意味になります。

食事中の会話や意見交換、情報交換に大きな価値と意味があるのです。

そういう意味では、誰かと楽しく食事をするということも重要です。

自分にとって食事とは、どういうものなのかを考えたときに、食事の本質は栄養を取ることです。

栄養バランス

栄養は足りなくてもいけないし、摂り過ぎても良くない、バランスを見ながら、足りないことがないように、摂りすぎないように、自己コントロールしていくことが大切です。

それであって、ビタミンであったりとかミネラルであったりとか、そういったものが体にどう作用するのかっていうところを勉強して、勉強することによりその食品がどういった食品かわかり、自分にとって必要な栄養を選んで摂っていく。

サプリメント

その過程で、必要であればサプリメントを選択していく。

栄養はサプリメントからとればいいやん。って思いますけど、あくまで栄養の基本は食事です。

サプリメントっておいしくないから、食べる楽しさとかないんですよね。

ただ飲むだけなので。

サプリメントも、食品から摂れない栄養をサプリメントから摂っていけばいいと思うんですよね。

例えば、イチョウ葉のサプリ、これは、食品では栄養源がお茶ぐらいしかなく、 そういった限定的な食品からしか摂れない成分は、サプリからとっていくことも良いと考えます。

ただ、サプリは、化学的に作られているものですので、食品から天然の栄養を摂る方が、体にとって良いと考えます。

脳に作用する栄養

栄養を取る上で、脳の働きに対する栄養というのは、非常に大事だと僕は考えています。

考えるためのエネルギーであるブドウ糖や、集中力を高めるためのカフェイン。

それから、イチョウ葉のエキスは、脳の血流を改善して、記憶を向上させたり、脳の働きを良くするといわれています。

こういったものは脳の栄養となってくるので、僕は積極的にタイミングを見て摂るようにしています。

タイミングも考える

タイミングというのは、ブドウ糖やカフェインは、脳の働きに作用するので、朝に取ることが理想的だと、僕は考えていて、カフェインは体を興奮させる作用があるので、寝る前には摂らないようにしています。

それはつまり、カフェインを摂ることによって、睡眠の質に影響を及ぼす恐れがあるためです。

それぞれの栄養を理解したい

このように、個々それぞれの栄養成分を理解しながら、自分にとって必要な栄養を必要なタイミングで、摂っていく。

そして取りすぎない。

こういったことが、食事から栄養を摂取する上で非常に大切なことです。

以上。最後まで、ありがとうございました。